豊かな人とそうでない人の思考のエネルギーの違い

こんばんは!ラーナです。

今日は自分の思い込みに気づくことがありました。

それは私の中に、まだまだある「自分へのご褒美はなかなかあげられない」「ない」という気持ちなんですよねー。

 

私の友人たちはとっても豊かな人が多くて、その人達に共通することが、

「自分に上手にご褒美をあげている」っていことなんですよね。

ものやサービスを受けようと思ったとき、なかなか自分にお金をかけられない、という人もいると思います。

その気持ちにじっくり付き合ってみると、根底には

「払えないよね。」

「お金遣ったらなくなっちゃう(から、自分にはお金をなかなかかけられないよね)」

って思っているんですよね。

でもそう思ってたら、実際に払えなくなるし、お金はどんどん無くなっちゃうようになります。

私もずっとそうでした。

お金がない不安が大きくて、不安だらけだったし、いつも

「払えるかな。払えなかったらどうしよう」
「今遣っちゃったら、先に困るかもしれない」

っていう気持ちがとっても大きかったです。

だから私にとって「お金」はいつも「苦しさ」とセットになっていました。

だから、何となくですが、『お金』は自分を困らせるもの、みたいな感覚でした。

だって、お金のことを考えると「不安」だったり「苦しい」かったりするわけですから。

それじゃあ、お金との関係はいつまでたっても変わりませんよね。

 

お金とは、「自分を幸せにしてくれる」もの。

私の周りの豊かな人達は、上手にお金と付き合っています。

 

無駄遣いをしたらいいとか、贅沢三昧したらいいとかいっているわけではありません。

 

むしろ全然逆かも。

みんなとてもお金を大事にしているから、節制するときはしていますし、

日用品にはお金をあまりかけてないかもしれません。

「価値」をちゃんと考えてお金を出しているからなんですよね。

「安い100万円もあれば、高い100円もある」

と昔のテレビCMでやっていたことがありましたが、その通りですよね。

 

「お金が払えることってありがたいよね」

「お金は自分を幸せにしてくれる素晴らしいもの」

 

そういう気持ちを大事にしていこうと思いました。

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!